アリバイのお役立ち情報がいっぱい!

ローン審査には、在籍確認がつきものです。
ローン会社としては、自分が貸し付ける相手から本当に返済されるのかというのが大きな問題ですから、当然どのような相手に貸し付けるのか審査せねばなりません。
在籍確認も、審査における確認事項の一つです。
しかし、審査される側が何らかの理由において在籍確認ができない場合もあり、そんな時にアリバイ会社を利用することによって在籍確認をクリアし、審査が通るのかを考えてみましょう。

アリバイ会社でローン審査は通るのか?

アリバイ会社でローン審査は通るのか? ローン審査では、最終的に在籍確認を完了しなければローンが通らないというものもあります。
それまでの審査で問題なく通過するような案件でも、この在籍確認ができないがためにローンが通らないということもあるわけで、こういったときに役立つのがアリバイ会社です。
アリバイ会社は、契約しておくことで外部から電話がかかって来た時に、契約者との約束通りの受け答えを行ってくれます。
これで、ローン審査などでの在籍確認が行えるのです。
しかし、アリバイ会社からは社会保険等の発行はありません。
社会保険証の提示が必須となる審査などでは、アリバイ会社で対応できないケースもあります。
反対に言えば、在籍確認だけの問題という時には利用によってメリットを得る可能性が高いと言えましょう。

アリバイ会社で在籍確認代行を依頼して銀行のローンの審査は通る?

アリバイ会社で在籍確認代行を依頼して銀行のローンの審査は通る? 銀行のローンの審査では書類以外に信用情報や勤務先への在籍確認電話があります。
アリバイ会社では、電話確認代行や書類作成などを行ってくれて、例えば電話代行だとカードローン会社から電話があると、依頼者は席を外していることを伝えてくれ実際に会社にいるように対応してくれます。
ちなみに在籍確認は必ず申込者が電話に出る必要はなく、職場の上司や同僚がいることを証明してくれるだけでも大丈夫です。
これを知っているためアリバイ会社も申込者本人と直接電話で話さなくてもいい、一番無難な方法をとってくれますし中には携帯電話につなげてくれるところもあります。
他にも審査で必要となる給与証明書や在職証明書など各書類も発行してくれ、この書類作成は専門的な知識を持った人が作成し、税法知識まで持っている人が作成することもあります。
こうなると業者が作成した書類だと見破ることは、かなり難しくなります。
ただ、利用するときにはリスクもあって利用料金が高いことと、偽装がばれたら強制解約・一括返済となることです。
利用すると最低でも初回登録料・利用料金がかかり、これも会社で違いますが10,000円~20,000円以上は必要です。
融資を受けるために申し込みたいのに、その審査を通るためにさらにお金をかけるというのはあまり現実的ではないですし、バレた時のリスクもあるのであまりおすすめできません。

アリバイ会社は夜のお仕事をする方にとって貴重な存在です

世の中には、アリバイ会社として運営をしている会社があり、主に夜のお仕事をする方々に利用されています。
ご家族や親戚、友人知人に知られたくないお店で勤務をしている場合や、次に普通の仕事を探している方は、アリバイ会社の社名を履歴書に記入することができるので、前職を知られたくないと感じる方にも便利に機能しています。
このような会社は歓楽街で働く方々にとっては欠かせない存在となっていることが目立ち、職場の店内では本名を使っていない方も大勢存在しているので、自分の職歴を隠すことには最適な環境で働くことができます。
勿論アリバイ会社側でも店内で使用している氏名などを把握しており、電話のオペレーターが常時在籍しているので安心です。
もしもこれから歓楽街等で働きたいという方は、お店のホームページを確認して、アリバイ会社があるのかどうかを確認した上で応募すること、記載が無いという場合は、事前に問い合わせをする方法で応募前に調べられます。

アリバイ会社は個人情報の管理に優れているところを選ぶ

アリバイ会社は一般の人にはあまり縁がありませんが、いざと言うときには非常に便利なものとなっています。
そのため、緊急時にはあまり詳細を調べずに利用してしまうことも多いのですが、その中には個人情報の管理が充分ではないところもあるため、事前にある程度の確認調査を行っておくことが必要です。
アリバイ会社を利用する場面は比較的緊急の場合が多いものであり、そのため迅速に対応してくれるところを選ぶことが少なくありません。
しかし、この場合に最も注意しなければならないのは、そのアリバイ会社から情報が漏れてしまうことです。これがその会社の職員ではなくても、その会社に入るところを見られてしまったり、またその他の場面を第三者に見られてしまうこともあるため注意をすることが必要です。
アリバイ会社を選ぶ際には、このような細かなところまで注意が行き届いているところを選ぶことが重要であり、そのルールが周知徹底されていることが重要なポイントです。

クレジットカードとアリバイ会社の利用について

クレジットカードは、仕事をしており、かつその勤務先と連絡が取れる人でなければ原則的には発行されない仕組みになっています。
ですが、様々な理由により勤務先に連絡されては困る人もいます。
このような場合、アリバイ会社を用いることも考えられます。
アリバイ会社とはいわば架空の会社であり、予め打ち合わせておくことにより、所定の電話番号に連絡された場合には、あたかもその会社の社員として勤務をしているように受け答えしてもらうことができます。
カード会社の審査は基本的には会社に対する電話のみであって、別に訪問などは行われません。
しかも、申し込みをした本人が電話に出ることも必須とはされていません。
たまたま当日は休暇だとか、会議中、出張中などということは普通にあり得ますから、あくまで電話に出た人とのやり取りによって、本人がその会社に勤務していると分かりさえすれば十分とされる仕組みになっています。
ですから、この方法は有効です。

アリバイ会社を使えば水商売でも言い訳に困らない

アリバイ会社とは、会社への在籍証明などをしてくれることにより、利用者の方が社会的信用を得られるようにしてくれるサービスです。
社会的信用をチェックするためによく行われるのが会社への在籍確認です。
クレジットカードなどを作った事のある人なら、会社への在籍チェックが行われるということを知っている人も多いのではないでしょうか。他にも賃貸アパートを借りたりするときも行われることがありますし、結婚相手について親が在籍確認をして調査したりすることもあります。
このような時、無職の人や風俗などの水商売をしている方は、言い訳にとても苦労してしまいますが、アリバイ会社を活用すれば社会的信用を確保することができます。
アリバイ会社は名前だけのペーパーカンパニーで、怪しい会社ばかりだと考えている人も多いかもしれませんが、けしてそんなことはありません。
ちゃんと法律に則った形で運営されているところもあります。
利用する場合は、きちんとしている信用できるところを使いましょう。

アリバイ会社を利用する際にはどれくらいの料金がかかるのか

アリバイ会社とは収入や勤務先、雇用形態などを偽装する会社であり、利用者のために会社を用意して、その会社に勤務しているように対応してくれる会社です。このようなアリバイ会社を利用する際に、どれぐらいの料金がかかるのかと気になる人も多いことでしょう。
結論から言うと費用はピンからキリまでありますが、ある程度の目安は存在しています。
また相場通りの会社はある程度優良企業であり、あまりにも安すぎる場合には悪徳である可能性もあるため十分に注意しましょう。
まず最初にあまりにも安すぎるケースでは、2万円というものがあります。このような場合には費用は後払いの成功報酬システムが多く、うまくいったら後で払うと言ったものです。
このようなことからうまくいかないケースも多く、安い所を選んだがために、信用を失うことにもつながります。
一般的な相場は家賃の50から100%ほどとされています。このレベルであれば、賃貸の審査の際には十分に通用すると言えるでしょう。

アリバイ会社について詳しく知りたい

アリバイ会社は信頼できるところに