キャッシング審査が通るのか調査

キャッシング審査が通るのか調査

キャッシング審査が通るのか調査 アリバイ会社を利用すれば、キャッシング審査に通る可能性はあるのでしょうか?また、そもそもアリバイ会社とは何なのかを説明します。
業者にもよりますが、アリバイ会社自体は違法ではありません。
運転免許証や健康保険証などの公的な文章を作成していたら違法ですが、給与明細などは私的文書なのでホワイトではないもののグレーなゾーンです。
アリバイ会社を利用すれば、給与明細を作成してくれますし、電話確認も対応してくれます。
あたかも「これだけの給料を得て、この会社で働いている」ということを伝えるのに活用することができます。
業者が用意する架空会社には、IT企業やアパレル企業など複数用意されているそうです。
しかも、すべて法人登記している会社なので、見破ることは難しいです。
給与明細などの書類についても、専門家が作成しているので偽物と見破られる可能性は低いと思われます。
また、電話確認についても「山田太郎さんはいらっしゃいますか?」「山田はただいま席を外しています」のように本人が電話に出なくてもいいような方法をとってくれるので安心です。
しかし、アリバイ会社を利用してキャッシングを通すことは詐欺罪もしくは詐欺未遂罪に問われるためアリバイ会社も対応していません。絶対にやめたほうがいいです。

アリバイ会社でカード審査を通過する方法があるのか

アリバイ会社でカード審査を通過する方法がある クレジットカードを作る時には審査を通過する必要があります。
無職やフリーター、主婦の人などは審査に落ちる可能性が高いとされており、属性情報を変更しなくてはなりません。
勤務先を用意したいという場合、アリバイ会社を利用することはできません。
アリバイ会社とはアリバイを作ってくれる業者のことでありますが、利用者は実際にその会社に勤務しているわけではありません。
そこで実際に勤務していない勤務先の情報を記入した場合、クレジットカードを作れるのかどうか気になるものでしょう。
アリバイ会社は源泉徴収票や給与明細を発行する権限を持っており、この会社が処罰を受けることはありません。
ですが、クレジットカード審査でアリバイ会社を使った場合、詐欺罪に問われることがあるのでアリバイ会社は対応してくれません。逆に対応できる会社は利用を避けましょう。
また、 クレジットカード会社に勤務先を偽造していることがバレてしまうと、今後そのクレジットカード会社の審査に通ることが非常に難しくなってしまいます。